• トップページ
  • 選ばれる理由
  • 院内案内
  • 医院概要
  • アクセス

一般歯科治療

「歯が痛い」「しみる」と感じたら ~一般虫歯治療~

経験したことがある方も多い虫歯ですが、痛みをともなう自覚症状を感じたらかなり進行している可能性があります。
痛みを感じるような段階になると自然に治ることはまずなく、治療が必要になります。
放置すれば症状が悪化し、最悪の場合抜歯にいたるケースもありますのでご注意ください。

虫歯は早期発見・早期治療が非常に大切。
「痛い」「しみる」といった違和感がある場合は、お早めに愛甲石田の歯医者「辻内歯科クリニック」の一般歯科にご相談ください。

虫歯の進行と治療法

進行段階 状態 治療内容
CO~脱灰(だっかい)~CO~脱灰(だっかい)~ 歯の表面が少しずつ溶かされてきている状態です(脱灰:だっかい)。 この段階であれば日々のブラッシングで自然に虫歯が治ることもあります。
また、歯質を強化するフッ素塗布も有効です。
自覚症状
  • 歯が白濁する
  • 痛みなどは特にない
C1~エナメル質の虫歯~C1~エナメル質の虫歯~ 歯の表面を覆うエナメル質が溶けはじめている状態です。 虫歯になっている部分を削り、歯科用プラスチック(レジン)を詰めることで治療を行います。
自覚症状
  • 歯が黒ずむ
  • 歯に穴が空く
  • 冷たいものがしみる
C2~象牙質の虫歯~C2~象牙質の虫歯~ エナメル質の奥にある象牙質まで虫歯が進行している状態です。 虫歯になっている部分を削り、詰め物・被せ物で補うことで治療を行います。
自覚症状
  • 冷たいものや甘いものがしみる
  • たまに痛みを感じる
C3~神経に達した虫歯~C3~神経に達した虫歯~ 歯の神経にまで虫歯が進行している状態です。 根管治療と呼ばれる治療を行います。
根管治療とは虫歯菌に冒された神経を除去し、神経が入っていた根管内を洗浄・消毒し、薬剤を詰める治療です。
最終的には被せ物を装着します。
自覚症状
  • ズキズキとした痛みがある
  • 歯ぐきが腫れる
C4~歯根に達した虫歯~C4~歯根に達した虫歯~ 歯のほとんどが溶け、虫歯が歯根にまで進行している状態です。 根管治療で対応できないほど虫歯が進行してしまった場合は抜歯を行います。
失った歯の機能を回復するため、入れ歯やブリッジ、インプラントなどの補綴(ほてつ)治療を行います。
自覚症状
  • 神経が死んでいるので痛みがない
  • 歯根の先に膿がたまると痛みが再発する

子供の歯を守る~小児歯科治療~

乳歯は永久歯よりも虫歯になりやすいんです

お子様の乳歯は、大人の歯(永久歯)と比べて虫歯になりやすい特徴があります。
乳歯は歯を守るエナメル質や象牙質が薄く、やわらかいので虫歯への抵抗力が弱いというのがその原因。
そのため、ブラッシングなど正しいケアを行い、歯科医院での定期検診が必要不可欠です。

乳歯は永久歯に生え替わるから虫歯を放置しても大丈夫?

いつか抜けてしまうからと乳歯の虫歯を放置しておくことは大変危険です。
乳歯には永久歯が生えるときのガイド的な役割があり、虫歯を放置すると将来の歯並びに悪影響を与えてしまう可能性があります。
大人の歯と同様、お子様の歯もしっかり予防・治療をするようにしましょう。

気をつけたい母子感染

生まれたての赤ちゃんのお口の中には虫歯菌は存在しません。
しかし、大人になるにつれて多くの方が虫歯で悩まされるようになります。
その原因はお父様とお母様など、ご家族からお子様に虫歯菌が感染するためです。
特に長時間一緒に過ごすお母様から感染することが多いため、一般的に「母子感染」と呼ばれています。

赤ちゃんに虫歯菌をうつす可能性のある行為
  • 食べものの口移し
  • 赤ちゃんの食べ物の温度を口をつけて確認する
  • 赤ちゃんへのキス
  • 自分の口を触った手を赤ちゃんの口に触れる
  • 大人と同じ食器を使う

母子感染を予防するには、自分の唾液が赤ちゃんの口に入らないように別の食器を用意したり、キスなどスキンシップの際に注意したりすることが重要。
また、感染する可能性のあるご家族の口腔環境を清潔に保ち、赤ちゃんと接触する虫歯を減らすことも有効です。

虫歯は早期発見・早期治療が大人も子供も大切です

【辻内歯科クリニック 県央インプラントセンター】神奈川県厚木市愛甲1-19-20 TEL:046-248-1008

↑

35.42243767607593,139.34029135344238

辻内歯科クリニック

35.4212836,139.33986219999997

Copyright © 辻内歯科クリニック 県央インプラントセンター. All Rights reserved.